投稿者: lawyer

憲法記念日~法は神様の愛

憲法記念日~法は神様の愛

5月3日は憲法記念日です。

皆様、ご無沙汰しております。世界を愛で語るブログ、2021第16回です。

1947年の今日、日本国憲法が施行されました。5月3日は、その施行を記念し、国の成長を期する祝日です。

若い人たちには実感が湧かないかもしれませんが、ほんの76年前まで、日本は戦争をしていました。

それも小さな国同士の戦争ではなく、世界を巻き込んだ大戦争です。

どんな考えをお持ちの方でも、戦争そのものを目的にして、ただ戦争がしたい!とばかり思う人は、いないと思います(いないで欲しいです。)。

理想としては、誰でも平和な方がいいはずです。

日本の戦争の歴史は、1945年に第二次世界大戦、太平洋戦争が終わるとともに終わりました。

その後、日本が戦争から復興するために、たくさんの技術や物資や人が送られて、日本は復興してきました。

その中でも、日本が平和的に復興するために提供された偉大な法技術の結晶が憲法であると私は思います。

簡単にいえば、当時の最高級品です。

私は弁護士で、法を扱う技術の対価として、お金をいただいて生活しています。

法は私の商売道具でもあるのですが、どんな製品にも時代と共に進化と発展があるように、法もそうです。

たとえば、飛行機は飛行機でも、ライト兄弟の作った飛行機は、今の時代の飛行機とは比べ物にならないですよね。

私は子供の頃、家で黒電話といわれたダイヤル式電話を使っていましたが、その頃は一人1台スマホを持つ時代が来るなど、想像もできませんでした。

そのように、法にも、果てしない進化と発展があります。日本に導入された日本国憲法は、当時の法の世界では最高の逸品であり、野心的な作品ともいえるものでした。

誤解を恐れずにいえば、まさに革命的な法技術の導入でした。黒電話のおうちに、一人1台スマホを渡されたようなものです。

その核心は、平和を望み(平和主義)、主権を国民に委ね(国民主権)、一人一人の自由と命を守ること(基本的人権の尊重)にありました。そのために、権力者による専制を憲法で防止することを目指しました(立憲主義)。

特に、ここまで平和主義に踏み込んだ憲法は世界の中でもとても珍しいといわれています。

今の日本国憲法は、当時としては最高水準の法であり、平和を愛する神様が、敗戦ですべてを失った日本に期待を込めて下さったプレゼントだと私は思います。

もちろん、もう76年も過ぎているし、時代に合わないところもあるかもしれません。

しかし、日本国憲法の大先輩であるイギリスのマグナ・カルタ(大憲章)は、800年経った今もなお、神様の傑作品としてイギリスの現行法であり続けています。

戦争を終わらせ、平和を下さった神様に感謝し、どのように時代が変わっても、法に込められた神様の思いを、大切にしたい、と思います。

法は神様の愛

世界を愛で語るブログでした。皆様、安全で素敵な連休をお過ごしください。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ニュース解説

ニュース解説

後れ馳せながら、結構長い間飾ってました。

皆様、こんにちは。世界を愛で語るブログ、2021第15回です。

今日は、8歳の娘によるニュース解説をお届けしたいと思います。

1. フードロス問題

本日も間食でキュウリを2本丸かぶりする際、「残さないでね。」と声をかけると

「食品ロスってやつか。」

(意味が分かってるのか聞いてみたら、分かってました、、、。)

2. スエズ運河座礁

車で移動中、突然

「うちの車に入れるあれ、レギュラーって、ガソリンだよね。値上がりしてる?」

「そうだね。」

「船が座礁してるからなんだよねえ。」

これも聞いてみたらよくわかってました。スキー旅行中にテレビでニュースを見て知っていたそうです。

3. 砂漠の寒暖差

「砂漠では昼はすごい暑いが、夜は零下まで下がるらしいが、なぜか。」

(、、、わからん。)

あの、、、そろそろ、日々の質問に答えきれなくなってきまして、、、

愛のヘルプplease

世界を愛で語りきれない情けないブログでした。最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

かっぱ天国(温泉の話ではありません)

かっぱ天国(温泉の話ではありません)

後ろから、ピーターラビット、ミセスラビット、カトンテール(ピーターの妹、三つ子の1人)。何が起きたのかというと、、、。

皆様、こんにちは。お久しぶりになってしまい、反省至極です。世界を愛で語るブログ2021、第14回です。

タイトルも写真も全く関連性も意味も不明ですが、8歳の娘は今日も元気だという話です。

冒頭の写真は、私が椅子に座らせておいたピーターを見て、娘が、

「よーし、トーテムポールだ!」

と気合一閃、並べたものです、、、。うむむ、なかなかのセンス、、、。

そんな娘は、今日、パパが食べようと買ってきたきゅうりをめざとく見つけると、お腹いっぱいのはずの夕食後、、、

「デザートにきゅうりが食べたい。味噌つきで。別腹だから。」

とオーダーを出し、結局

「きゅうり、追加」「味噌、追加」

を繰り返し、きゅうりがなくなるとパパに買いに行かせるなどし、4本のきゅうりをただただ、ポリポリ、ポリポリ、味噌をつけて丸かぶりしたという。

まさに、かっぱ天国。

まだ買ってこいと言い出しそうな雰囲気すら漂っております。

そんな娘は、人形のねこにゃんを手洗いする優しさも見せておりました。

天国は愛の世界

まとまってません。まとめる気があるかすら怪しい。最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。

脱プラとひげ脱毛

脱プラとひげ脱毛

脱プラ生活始めました。

皆様、こんにちは。世界を愛で語るブログ、2021年第13回です。

最近遠くへ行ってないな、、、と思って久しいですが、コロナで人が移動できず、飛行機や車の利用も極端に減ったので、二酸化炭素排出量が大幅に減り、地球の大気汚染が一時でもかなりクリーンになったことはよく知られています。

改めて気候変動を中心に、特に今の先進国のライフスタイルのままでは継続的に地球環境を維持できないことが、世界全体で明確に意識され始めていることが感じられます。

新自由主義、資本主義の限界の先に何があるかということなのですが、関心がある方は、ぜひ以下の2冊の本を参考にしてみてください。どちらもとても著名な本です。

私としましては、本を読んでも生活で実践できないと意味がないので、まずは地球を愛するべく、脱プラ活動を始めました。

手始めに会社で、プラスチック・ビニールと紙、資源のゴミ箱を分けて、自分の足元に設置して観察してみました。

すると、圧倒的に多いのは、プラスチック&ビニールのゴミであり、そのほとんどが飲食から発生していることが確認できました。コロナ下で外食もあまりしないことも無関係ではなさそうです。

そこで、いったん、できる限り、ステンレスのお弁当箱でお弁当持参、マイカップ持参を試行してみることにしました。

また、朝ひげを剃っているとき、髭剃りがプラスチック製で、脱プラ対象であることに気づいてしまいました。

電動式にするか、、、しかし、電動式も電気を使うから、完全ではない。

やはり、同じ教会のお二人がブログで発信しているヒゲ脱毛は、実はすごくエコなのか、と思い始めました。

眉毛とかははさみで手入れするので、電気も使わないんですよね。

とにかく、地球への愛100%を目指して頑張りたいと思います。

脱プラで地球愛

世界を愛で語るブログでした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

住めば都、つまり食レポ

住めば都、つまり食レポ

今回は、こちらです!

皆様、こんにちは。世界を愛で語るブログ、2021年第12回です。

今回は、在宅御礼、夫婦で食い倒れ企画であるところの、住めば都シリーズです。

お店は シエロ アズッロ さん。

http://www.cielo-azzurro.com/

北千住駅側、小さな飲食店が立ち並ぶ細い路地にある、イタリア料理のお店です。

ひな祭り&誕生日記念ランチということで、妻氏と自転車で乗り付け、勢い込んでコースを頼んでみたところ、、、!

すごい量!これでまだ前菜です。
パスタです。二人分を取り分けてもらっですが、お皿が大きくて少なく見えますよね。

実際はすごい量です。

デザートです。こちらも、お皿が大きいから少なく見えるでしょう。

ものすごい量でした。

かつてモグモグ班の班長として君臨した妻氏も、「次回は、パスタまでとし、デザートは2人で1つでいいか、、、。」とツイートするほど満腹でした。

食べた分働かねば。

全く落ちも悟りもない食レポで終わりそうです。

愛すれば都

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

腸内環境の復活

腸内環境の復活

昨日、野田市の清水公園を訪れたところ、綺麗に咲いていました。まもなく、春ですかね。

皆様、こんにちは。世界を愛で語るブログ2021年第11回です。

前回、脳内環境を改善する、と宣言しましたが、改善途中に特有の頭痛に悩まされています。

しかし、赤本によると、ここで諦めては元の木阿弥なので、前進あるのみです。

一方、腸内環境については劇的な改善がみられます(汚い話ですが、排便状況で確認できます。明らかによくなっております。)。

現在実践しているのはこちら。

- 朝、空腹のうちにクロレラの摂取

クロレラは赤本激推し

- 可能な限り小麦から米(特に玄米)への食生活転換、米粉の活用

お知り合いからいただいた米粉

- 化学調味料はできるだけ避ける(原材料に/以下のある食べ物はできるだけとらない)

- 糖質を抑える(1日の分解可能量は15gといいますが、それはさすがに厳しいとしても)。

- 間食にはナッツ類(なるべくマカデミアナッツ)とMCTオイルを入れた飲み物(カフェインレス)を摂取

- 油は、オリブオイルをメインにし、えごま油を昼や夜の食事と共に毎日摂取。

- カレーを好んで食べる(元々カレー大好きなのでこれは嬉しい)

- ターメリック(ウコン)を持ち歩いてカレーに追加する

- 寝る前、歯磨き後にロイテリ菌の摂取

こちらは黒本イチオシ

それでもまだ、完全とは言いきれないのですが、やり過ぎると反動が来てしまうので、少しずつ慣らしています。

それでも、腸内環境への効果は目に見えますし、体調面でも感じられます。

脳の働きも、かなりクリアになっているように思います(これはかなり、プラシーボ的ですが)。

内側から自分を愛する

世界を愛で語るブログでした。最後まで読んで下さり、ありがとうございます!

脳を愛してハック

脳を愛してハック

脳のデトックスを目指す黒本。

皆様、こんにちは。世界を愛で語るブログ2021年第10回です。

新年の始めに、今年は心も体も新たにするぞ!と決心しました。

心を新たにする、ということは、すなわち、脳を綺麗にすることだという少し飛躍した結論を基に、脳Lifehackに家族でチャレンジしています。

そのため、今話題の「スマホ脳」と「脳の毒を出す食事」、そして激しいクロレラ推しの「333ウルトラデトックス」の3冊を読了しました。

「スマホ脳」は、とても読みやすいです。
激しくクロレラ推しの赤本。

共通して言われているのは、現代人は、脳を老化させず、瑞々しい頭脳の働きを維持するためには、食生活、スマホを含めたデジタル生活、運動などを含めた生活全体を見直す必要があるということです。

赤本のクロレラ推しが激しかったので、まずはクロレラの摂取から始め、食生活とデジタル生活の見直しについて、取り組みと成果を今後もお知らせしていきたいと思います!

ちなみに聖書は、いま、出エジプト記を呼読んでいて、これからいよいよ紅海を渡ります。モーセ率いるイスラエル民族がエジプトを出たのは、日本でいう2-3月頃で、東アジアでいう旧正月にあたる、まさにいま頃のことでした。

私も、脳のエジプト(的な生き方?)を出たいと思います!

脳を愛するLifehack、スタート!

世界を愛で語るブログでした。最後まで読んで下さり、ありがとうございます!

詩の世界

詩の世界

カマラ・ハリスさんはアメリカ初の女性副大統領、次の大統領候補といわれています。

こんにちは。世界を愛で語るブログ、2021年第7回です。

1月20日、アメリカ大統領就任式がおこなわれ、ジョー・バイデン新大統領が誕生しました。

アメリカ大統領就任式は、毎回大イベントなのですが、今回はレディー・ガガさんが胸にオリーブの枝をくわえた金色の鳩をあしらったブローチをつけて国歌を歌っていました。

その起源はもちろん、聖書です(創世記8章11節、有名なノアの方舟のワンシーンです。)。

また、バイデン新大統領は、バイデン家に代々伝わる聖書に手を置いて宣誓しました。

自分の国のことではないけれど、聖書を必ず引用することをとおして、神様を大切にする姿勢が感じられ、また、その1つ1つに、国を1つにしたいという切実さが感じられました。

今回の就任式の中でも特に注目されたのが、22歳の詩人アマンダ・ゴードンさんが、この式のために書いた「The Hill We Climb(私たちが登る丘)」という詩を詠んだシーンです。

翻訳つきの映像はこちらにあります↓

https://youtu.be/sSgEvDhwj1g

アマンダ・ゴードンさんを推薦したのは、バイデン新大統領の奥様である、Dr.バイデンだそうです。

内容はとても素晴らしく、英語ネイティブでない私でも韻を踏み、独特のテンポで詠じられる詩の美しさを感じましたし、聖書の引用も素敵に感じました。

詩の専門家による解説はこちらにあります。↓

https://news.yahoo.co.jp/byline/konosuyukiko/20210123-00218856/

特に、この就任式では、コロナをめぐる世界の状況とアメリカの国の状況を踏まえて、人々が共有する思いを強く後押しするようなメッセージが感動を生んでいたようです。

日本では、このような形で詩や詩人が注目されることは私の知る限りなかったのですが、改めて詩にはこのような力があるのだなあ、と再認識しました。

思えば聖書にも、ダビデの書いた150篇もの詩篇もあります。そう考えると、神様は、詩をとても大切にされてきたようです。

単純に考えれば、音楽もつけず、ただ「言葉を編む」という表現方法ですから、人の心を惹き付け、感動を生むということは、他の芸術と比べてもかなり難易度が高いと感じます。

それにもかかわらず、ダビデの詩は、世界中で愛され、いまなお、讃美歌として歌われることも多い傑作です。

ダビデの詩を読んでみると、王として栄華を極めたときに詠んだ詩だけではなく、先代の王であるサウルから苦しめられ、時には死の危険と隣り合わせになる時の心情を詠んだ詩が、切々と書き綴られています。

ダビデは、よいときも、大変なときも、いつも神様の目の前にいるように生きたことが感じられます。

私たちも、いつも神様の目の前にいるように生きるなら、その愛や心情を綴る詩は、同じように天の前で誠実に生きようとする人たちの胸を打つかもしれませんね。

そう思って詩を書いてみようとしましたが、なかなか思うようにはいきませんでした(^_^;)

詩は、愛と心情の世界

世界を愛で語るブログでした。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

今、コリント人への第二の手紙を読んでいます。通勤時間の読書がないので、ペースが例年より遅いです(^_^;)

チャンスと反応と

チャンスと反応と

いらすとやさんは世界を制す。なお、ラグビーのイラストは女性版もありました、、、。

皆様、こんにちは。世界を愛で語るブログ、2021年第6回です。

同じSail of the Lord Churchに通うエドワードJr.さんのブログで、倒れても回復する方法について書かれていました。

https://atoz2020.hatenablog.com/entry/2021/01/12/183638

実は、私が昔10年ほどプレーしたラグビーという競技は、「倒れてもすぐに立つ」競争みたいな競技です。

ラグビーのことを話してもいいでしょうか。。。ダメだという方は、今回はスルーしてください。

ラグビーという競技は、走る→ぶつかる、押す→倒す、自分も倒れる→立つ→走る、を1サイクルとする運動を、ひたすら繰り返す競技です。

近年のラグビー選手に要求されるのは、単純に走るのが速い、ぶつかるの強い、の他に、このサイクルについて、(1)どれくらい1サイクルを速くできるか、(2)どれくらい休まず繰り返せるか、という能力になります。

(1)の1サイクルを速くするため、ポイントになるのが、「倒れる→立つ」のスピードです。これをラグビー界隈では、「Reload リロード」といいます。リロードの速さは、選手の能力を測る重要な数値として定着しています。

また、ざっくりいうとこの1サイクルを「1フェイズ」といい、これを何回も何回も繰り返して我慢比べをして得点するのが、近年のラグビーの中核的な戦術であり、そのため、(2)どのくらいミスなくこれを繰り返せるかも、チームと選手に重要なポイントになります。

すみません。今日はマニアックに突き進みます。

さて、1月11日に、大学ラグビー日本一を決める大学選手権の決勝戦がありました。

結果はご存知のとおり、天理大学の初優勝でした。昨年度優勝の早稲田大学、その早稲田大学に今季唯一勝利していた明治大学に完勝しての、文句無しの優勝でした。

天理大学は、人材に恵まれないにもかかわらず、近年急速に力をつけてきたことでとても注目されました。

私は、やっぱり人材に恵まれない天理大学は、定石通り、リロードを鍛え、またフェイズを重ねても耐えられる体力で勝負きてきたのかなーと漠然と考えていました。

しかし、天理大学の監督さんのインタビューによれば、天理大学の勝利のポイントは、そこではなかったのです!

天理大学の勝利のポイント、それは、

機会を逃さないこと

の一言に尽きるそうです。ピンチでもチャンスでも、「ここがポイント!」と思ったら、全員が反応し、素早く仕掛ける。そしてピンチは未然に防ぐか、最小限の傷で収め、チャンスは絶対に逃さない。

天理大学はこれを「リアクション・スピード」と名付け、このリアクション、つまり、反応に命をかけていたそうです。

これは、ラグビーで近年重視されている「ターンオーバー」すなわち攻守の切り替え狙いとも似ていますが、さらに洗練された「チャンス」「ピンチ」への嗅覚の共有という感じでしょうか。

これができる組織は、ラグビーに限らず、強いですよね。

そのためには、練習中から「チャンス」「ピンチ」、どちらの機会も、いつきてもいいように絶え間なく意識し続けるしかないんだとか。

勝つには、これか。

いや、愛を語るブログなんですけど。

ただのラグビー愛

世界を愛で語るブログでした。いや、すみません。本当にたまに書きたくなるんです。許して下さい。読んで下さった方、感謝感激でございます。

お祝いの主催者

お祝いの主催者

娘が妻氏のために作成したブレックファストメニュー。卵一択。

皆様、こんにちは。世界を愛で語るブログ、2021年第5回です。

今日は妻氏の誕生日です。

娘が、昨晩から早起きできるように起こしてくれ、と言っていたのですが、様々なサプライズ企画を考えていたようです。

朝6時に娘を起こして、初めてその話を切り出され、いくつかの計画を秘密裏に明かされました。

一つ目、今日は家事は妻氏にはさせない。

二つ目、福引き(くじ引き)。当たる確率10分の1。

三つ目、娘自作ブレックファスト。

四つ目、100均で買った飾りで飾る。

などなど。娘が自分で考えて全部やり遂げていました。

まずは朝御飯の目玉焼き。
箱から手作りの福引き。当たったら何がもらえるのかな?
洗い物も今日は娘が。
飾りもつけて。
みんなでお祝い!

Happy Birthdayの歌のピアノも担当。フル回転の娘でした。

してもらう人から、してあげる人になることは、どれほど大きい変化でしょう。

いつの間にか新しくなった娘に感動です。

私たちはいつも神様にしてもらい、生かされていますが、もし、神様にして差し上げる生になれば、それはきっと大きな変化なのでしょう。

して差し上げる愛

世界を愛で語るブログでした。最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

Theme: Overlay by Kaira ©クリスチャン弁護士が世界を愛で語るブログ 2020